So-net無料ブログ作成

泡の湯旅館 長野 [ホテル・旅館情報]

高山から山を越えて、白骨温泉の泡の湯にやって来ました。
2.jpg

部屋の中は改装されていますが、ロビーなどは昭和な感じです。
1.jpg

ロビーから見える、露天風呂。
3.jpg

ここのお風呂は変わっていて、超低温の源泉です。温めないと冬場など入れないと
思いますが、加温すると炭酸の成分が飛んでしまうそうです。冷たい源泉の方の湯
船は、肌に気泡が付きます。プールのようにずっと入っていられますが、湯から出
るとポカポカします。別に普通の温度のお風呂もあるので、交互に入るとよいそう
です。露天風呂の方は大きいのですが、混浴で湯浴着もなくバスタオルなのでハー
ドルが高いです。男性はバスタオルなしですしね。空気に触れて、ちょっと青白く
なっています。女湯の前にも露天風呂がありますが、アブに襲われて退散しました。

4.jpg

7.jpg

6.jpg

5.jpg

窓の外。
8.jpg

9.jpg

女将さん手作りの杏煮。
11.jpg

お菓子。
12.jpg 13.jpg

中身はバターが入っていたりして、洋風でした。
14.jpg

部屋に説明に来てくれたスタッフは、若い韓国人の男性でした。
一生懸命なのがよかったです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0